2018年ロシア・ワールドカップに出場する32か国がついに出揃った。

注目の組み合わせ抽選は、日本時間12月2日に行われる。

それを前に、アルゼンチン紙『Olé』がドローのシミュレーションをやっていたので、その結果を見てみよう。日本代表は…。

グループA

ロシア、スペイン、セネガル、サウジアラビア

グループB

ブラジル、クロアチア、スウェーデン、韓国

グループC

ベルギー、ペルー、エジプト、セルビア

グループD

ポルトガル、ウルグアイ、デンマーク、モロッコ

グループE

ドイツ、スイス、イラン、パナマ

グループF

アルゼンチン、メキシコ、アイスランド、日本

グループG

ポーランド、コロンビア、チュニジア、オーストラリア

グループH

フランス、イングランド、コスタリカ、ナイジェリア

単なる模擬だが、このような組み合わせになったという。

日本はアルゼンチン、メキシコ、そして初出場のアイスランドと同組に。これなら2位通過を目指せるかも?ちなみに、日本代表とこの3か国とのこれまでの対戦結果はこんな感じ

なお、同紙ではアルゼンチンにとっては「かなりおいしい」組み合わせとも伝えていた。

果たして、実際の抽選会ではどのような結果になるだろうか。