22日(水)に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節。

PSG対セルティックの試合はネイマール、エディンソン・カバーニ、キリアン・エンバッペ・ロタンの3人全員にゴールが生まれ、ホームのPSGが7-1と大勝した。

そんなこの試合では、最後の最後に驚きのゴールが決まった。6-1とリードし迎えた80分…(04:56から)

果敢に追加点を狙いに行こうとしたPSG。

ネイマールの折り返しをカバーニが空振りしチャンスは潰えたかに思われたのだが、ボールを拾ったジョバニ・ロ・チェルソからのパスはダニ・アウヴェスへ。

するとアウヴェスはちょこんとボールを動かし、ワンステップでここからシュート!ボールは伸びながらファーサイドへと飛んでいき、これがチームの7点目となった。

それにしても、DFとは思えぬシュート技術であった。瞬間的な判断であれだけのキックができるとは…。

試合に勝利したPSGはこれで5戦5勝。1試合7得点は今季最多であり、CLでは5節を終えて24得点と圧倒的な成績を残している。