『Milan TV』は、コッパ・イタリアのインテル戦でデビューしたGKアントニオ・ドンナルンマのコメントを発表した。

水曜日に行われた試合で、ミランはジャンルイージ・ドンナルンマを怪我で失っていた。さらに直前に2ndのマルコ・ストラーリも離脱し、3番手のアントニオ・ドンナルンマが加入以来初めての公式戦に臨むことになった。

前半の失点がVARで取り消されるなどの場面もあったが、アントニオは数度の好セーブを見せ、クリーンシートを達成。その結果ミランは1-0でインテルを下し、コッパ・イタリア準決勝進出を決めた。

先日のジャンルイージ退団騒動の際には、「寄生虫兄弟」とサポーターに呼ばれたアントニオ。

彼は試合後以下のように話し、これ以上のデビューは望めないと語ったという。

アントニオ・ドンナルンマ

「僕はいつもよくトレーニングしていた。静かに仕事を進めていたんだ。

その仕事は報われたし、幸運にも物事がうまく進んだ。これ以上に素晴らしいデビューなど求められないだろう。夢のようなミランでのデビューだよ。

マルコ・ストラーリが怪我をしたと聞いた時、ちょっと唖然としてしまったよ。

ただ、僕は自分に『チャンスを掴め』と言い聞かせたし、楽しんだよ。ジョアン・マリオ相手のセーブも含めてね。

我々は今日本物のチームだった。それが皆に力を与えていた。土曜日のフィオレンティーナ戦でもそのような態度を取らなければね。

このところの数試合よりいいプレーをした。グループは落ち着いているし、最終的には結果も出るさ」
久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら