『Daily Star』は18日、「マンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアは、チームに残ることを明言した」と報じた。

この数年レアル・マドリーへの移籍が噂され続けたデ・ヘア。2015年夏にはケイロル・ナバスとの交換という形で契約寸前まで進んだことも。

その後はずっとマンチェスター・ユナイテッドで中心的な役割を担ってきた彼は、今後の去就について以下のように話したという。

ダビド・デ・ヘア

「時間はとても早く進んでいくね。もうここに7年間もいる。僕は幸せだ。

多くのことが起こった。いいことも、悪いことも。しかし正直に言えば、本当に幸せだった。

ドレッシングルームで重要な選手になれていると感じている。このチームでも古株の一人だ。

これから来る若い選手を見ることも、僕を幸せにさせてくれるよ。ユナイテッドをさらに大きくしようとする男たちをね」

(レアル・マドリー移籍の噂があったが?)

「未来に何が起こるか、それを議論するのはいいこととは思わないよ。

いい感覚を持って、いいプレーをして、ユナイテッドを助けることが最も重要なことさ」