ガラタサライへと移籍してまだ間もない長友佑都。

それでも持ち前のコミュニケーション能力と人柄の良さで周囲に打ち解けており、SNSにはチームメイトとの写真が並んでいる。

そんな長友がいかに仲間から愛されているかが分かるシーンがあった。

27日(月)に行われたトルコカップの準決勝アクヒサル・ベレディイェスポル戦、長友はベンチスタート。

結局出場機会はなかったのだが、88分にFWシナン・ギュミュシュが決勝点をあげると…

出た、お辞儀パフォーマンス!

インテル時代にはハビエル・サネッティやサミュエル・エトーもやってくれたアレだ。

長友によれば、もしゴールを決めればシナン・ギュミュシュとの間でこのセレブレーションをやろうと約束していたのだそう。

長友は「最初興奮して忘れてると思ってましたが、覚えてました。笑」とツイートしており、チームメイトが日本式のパフォーマンスをやってくれたことが嬉しかったようだ。

なお、試合は1-2でガラタサライが勝利している。