堂安律と小林祐希がプレーするオランダ1部のエールディビジ。2017-18シーズンは3試合を残して、PSVの優勝が決定した。

PSVは2位アヤックスのトッパーに3-0で快勝!この結果、両者の勝点差は10ポイントとなり、PSVの2シーズンぶり24度目となる優勝が決まった。

PSVのレジェンド、ルート・ファン・ニステルローイもこの喜び様!

一方、頂上決戦で惨敗したアヤックス。この日は80分と83分に退場者を出して、最後は9人での戦いを強いられた。現地情報によれば、アヤックスがリーグ戦で2人の退場者を出すのは初だとも。

シーズン途中にチームを引き継いだエリク・テン・ハフ監督は「我々には才能ある選手が多い。だが、メンタル的にPSVのほうが上だった。彼らのほうがより規律があり、よりいいチームスピリットがあった」とこぼしていたそう。