人気・実力ともに世界のトップを争うビッグクラブ、バルセロナとレアル・マドリー。この2チームが激突する伝統の一戦クラシコが、5月6日(日)に行われる。

その大注目の一戦を前に、2度のワールドカップで主将を務めた宮本恒靖と、かつて日本代表の10番として活躍したジュビロ磐田の名波浩監督によるスペシャル対談が『WOWOW』にて実施された(記事・画像提供:WOWOW)。

宮本恒靖×名波浩

リーガ・エスパニョーラの魅力、クラシコの予想、リーガで活躍する日本人、監督論、はたまた日本サッカーの未来まで鋭く迫った。

天才レフティが考えるリーガの魅力

「なんか変な感じですね」と宮本が話し、「なかなかゆっくり話す機会がないからなあ」と名波が応え、お互いがよそよそしい感じで始まったこの日の対談。

しかし、宮本がリーガ・エスパニョーラについて話を振ると、サッカー談義は一気にトップギアへと入った。

名波は、「僕が選手としても監督としても掲げていた美しくて面白いサッカーというのは、人もボールもよく動くもの。さらに攻撃のシュートシーン、シュートの前のアシスト、その前の崩しのシーンなどの回数が多いスペインリーグは楽しい」とリーガの魅力を説明する。

宮本恒靖×名波浩

名波が考えるバルセロナとレアル・マドリーの哲学

名波はバルセロナに関する本を執筆するほどバルサに精通している。宮本からの「一番好きなバルサは?」の質問に対して、悩みながらも「やっぱりシャビ、イニエスタがいる時代かな。僕自身がポジションも似ているとこをやっていたので、彼らの運動量とボールタッチはいつも気にしてみていた」と名波は答えた。

バルサの中心であるメッシについては、「(ジュビロ磐田の)選手によく言っているのは、『難しいことを簡単に見せるのがプロだよ』と。メッシなんか特にそうだよね」と絶賛していた。

一方、クラシコでバルセロナと対峙するレアルについては、自らが用意してきた2015-16シーズン第31節のクラシコ(※2-1でレアル勝利)の試合データを引き合いに出し説明。「バルサにあえてボールを握らせて、自分たちは、ショートカウンターやカウンターを意識したサッカーにしようとジダンは考えていたと思うんだけど、そのように腹をくくれるジダンというのを、このゲームで改めて感じた。それがチャンピオンズリーグ2連覇や、もちろんリーガ優勝にも反映されたんだと思う」と分析した。

名波は、ジダンと現役時代にピッチ上で対戦している。その時の感想について、「すごく上手かったよね。一番上手かった。あの身体で、あんなボールの止め方するの?みたいな柔軟性。ワンタッチもノールックで出したりするけど、一体いつどこで見ているんだろう」と驚愕を覚えたと語った。