アメリカ・メジャーリーグサッカーのロサンゼルスFCは、「コスタリカ代表FWマルコ・ウレーニャが顔面骨折で手術を受ける」と発表した。

マルコ・ウレーニャは1990年生まれの28歳。コスタリカ代表としてこれまで60試合に出場してきたアタッカーである。

今年サンノゼ・アースクエイクスからロサンゼルスFCに移籍し、MLS参入初年度のクラブで7試合連続スタメンを飾っていた。

しかし、彼は先日行われたシアトル・サウンダーズとの試合の前半で負傷。その結果顔面を骨折してしまったとのこと。

彼は金曜日に再建手術を受ける予定であり、少なくとも4~6週間はリハビリが必要となる。

ワールドカップでは6月17日にセルビアとの初戦を迎えるコスタリカ代表であるが、ウレーニャはかなりギリギリのスケジュールになる。

コンディションのことを考えれば、ワールドカップのメンバーからも外れてしまうのではないかと懸念されている。