24日の記者会見で、ヴィッセル神戸への加入が発表されたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ。

この会見ではユニフォームもお披露目され、背番号がバルセロナ時代に愛用した「8番」であることも明らかとなった(プレス向けの可能性もある)。しかし、神戸の現「8番」は今季、ベガルタ仙台から加入したばかりの三田啓貴が着用している。これは一体…。

Jリーグは選手の背番号について、「Jリーグ規約・規程集2018」に以下のように規定している。

第6条〔選手番号・チーム名・チームエンブレム〕
(1) 選手番号は事前にJリーグに登録しなければならず、シーズン途中の変更は認めないも
のとする。ただし、2種トップ可、特別指定選手制度により出場が認められた場合、こ
の限りではない。 

やはりシーズン中の変更は不可能だという。

ただこの規定については抜け道も指摘されており、例えば一度登録を抹消し、再度、登録する形をとれば事実上、変更は可能になるものと思われる。

一方、神戸の外国人枠は既に埋まっており、現行の制度では誰か一人が移籍しなければならない。こちらについてはJリーグが「外国人枠撤廃」を検討しているとも報じられているが、背番号に比べると“裏技”を使うハードルは高そうだ。