『Daily Mail』は27日、「アーセナルを退任したアーセン・ヴェンゲル氏は、日本への復帰を考えている」と報じた。

20年以上指揮してきたアーセナルを離れたヴェンゲル監督。彼はサッカーの現場での仕事を続けたいと明言する。

彼に対してはアメリカやヨーロッパのクラブから多くのオファーが舞い込んでいるとのこと。

しかし、もう一つの選択肢として日本で仕事をするということも考えているそうだ。

1995~96年に名古屋グランパスエイトで監督を務めた際には、天皇杯とゼロックススーパーカップを制覇した。

日本ではまだ高い評価を受けており、もしオファーがあればJリーグに行くことを検討するだろうと報じられている。

先日はヴィッセル神戸にアンドレス・イニエスタがやってきたことで大きな話題となったJリーグ。

フェルナンド・トーレスが加入する可能性も報じられており、さらにヴェンゲルまでやってきたら…。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など