今季限りでフランス・リーグアンのニースを退団することが決まり、夏の去就が注目されているマリオ・バロテッリ。

先日はついにロベルト・マンチーニ監督率いるイタリア代表への復帰を果たし、初戦で高評価も受けた。

彼は自身で積極的にSNSで情報を発信する一方、マスメディアにはあまり率先して登場しようとはしない。

その理由は何なのか?ニースの公式チャンネルでラストインタビューを受けた彼は、以下のように話したという。

マリオ・バロテッリ

「まず、僕はメディアと話はしたくないんだ。

第二に、新聞やテレビで話すたびに、僕が言ったことは変えられてしまい、一ヶ月ものあいだそれについて話される。

僕はお喋りではなく、サッカーに集中することを好む。そして、もし何かを言わなければならないのなら、プレーする日曜日の試合について話したい。

プレーして、ゴールを決める。いい試合をする。それを言いたい。それが最高の答えだ。

メディアは僕を誇張して描写したがる。そして、サッカー選手としてではなく、人間として惹き付けようとする。

本当のマリオは、家にいるときの自分だよ。子供、そしてその母と一緒にいるときのね。

僕は仕事をしに来ているわけだし、それに集中している。それは試合であるが、僕は楽しんでいるんだよ」