『Calciomercato』は30日、「ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、セリエAに戻りたいと明言した」と報じた。

2016年にフランス・リーグアンのニースに加入したバロテッリ。今季チャンピオンズリーグ出場権を獲得できない場合、チームは彼の給与を支払うことができなくなる。

それもあってバロテッリは退団の可能性が高まっており、移籍先を探している状態にある。

彼はインタビューに対して以下のように話し、まずイタリアに戻りたいと思っていることを明かした。

マリオ・バロテッリ

「僕はイタリアに戻りたいと思っているんだよ。

そこにある多くのクラブが僕をチェックしてくれているよ。

ただ、ミランはその中に入っていないと言える。ロッソネーリ(ミランの愛称)に戻ることは、ノーチャンスだ」

(ニースに残る気は?)

「残りたくはない、これまでもそれは明確にしてきたよ。まだ何が起こるかわからないとしてもね。

おそらく、これはフランスでの僕のラストシーズンだ。しかし、フランスでの最高の時間だったね」