『Daily Mail』は6日、「フランス代表DFバンジャマン・メンディは、今季の大怪我について語った」と報じた。

今季マンチェスター・シティに加入したメンディであるが、9月のクリスタル・パレス戦で右膝の靭帯を断裂し、長期の離脱を余儀なくされた。

バルセロナの病院で治療を受け、シーズンの中盤で復帰に成功。プレミアリーグ制覇にも貢献し、夢であったワールドカップへの参加も成し遂げた。

怪我からすばやく戻ることができたのはなぜなのか?メンディは以下のように話し、隣の患者とのエピソードを明かしたとのこと。

バンジャマン・メンディ

「僕がバルセロナの病院にいた時、隣のスペイン人の患者がガンと診断されたんだ。

それから二日後、彼は亡くなった。

僕は自分に言い聞かせたよ。『膝の怪我が何だってんだ。何でもないことじゃないか』と。

それが、回復を助けてくれたと思う。

膝の靭帯を怪我したとしても、遥かに深刻な病気に苦しんでいる人たちと比べれば、本当になんでもないんだからね」

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など