ロシアW杯の出場権を逃したスロバキア代表。欧州予選ではグループFを2位で終えたが、9グループ中最下位の成績だったためプレーオフ進出を果たせず、予選敗退となった。

代表チームはUEFAネイションズリーグや2020年の欧州選手権(ユーロ2020)に向けて始動したが、それに合わせる形で新しいユニフォームやチームウェアが5月31日にリリースされた。

ユニフォームの袖にある独特のグラフィックが目を引くが、これはスロバキアを象徴する歴史的建造物を称えているという。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Slovakia 2018 Nike Home

スロバキア代表 2018 Nike ユニフォーム

ホームキットはホワイトを基調に、袖にはブルーのジグザグのグラフィックをあしらっている。Nikeによればこのジグザグは「スロバキアを象徴する逆さピラミッドの歴史的建造物」を称えたものとのこと。

名前は明かされていないが、その建物はほぼ間違いなくスロバキア・ラジオビルと思われる。

これがそのスロバキア・ラジオビル。袖のジグザグパターンは確かに外観を思わせる。

スロバキア代表 2018 Nike ユニフォーム

背面の首元には二重十字が特徴のスロバキア国章を配している。

スロバキア代表 2018 Nike ユニフォーム

ホームキットは4日に行われたモロッコ代表とのフレンドリーマッチで初使用。パンツとソックスはホワイトを着用していた。なお試合は2-1で敗れている。画像の13番はパトリク・フロショフスキー。