コロンビア戦を勝利で終え、セネガルとの厳しい試合もなんとか引き分けに持ち込むことに成功した日本代表。

今日は決勝トーナメント進出をかけたグループステージ第3節を迎える。相手はここまで2連敗を喫しているポーランド代表だ。

敗退がすでに決定しているとはいえ、欧州でも屈指の強豪といえる相手。FIFAランキングでも8位につけており、スペインやイングランドをも上回っている。

そのチームでプレーしている選手の中、「市場価値」で見る最高の6選手とは?日本代表は彼らに一泡吹かせることができるだろうか。

5位:カミル・グリク

 ポーランド カミル・グリク

市場価値:1620万ユーロ(およそ20.8億円)

モナコ所属
DF
No.15
1988年2月3日(30歳)

今回のワールドカップを前に肩を負傷してしまい、一時は全治6週間という噂も流れていた守備の要グリク。先日行われたコロンビア戦の終盤に途中出場し、ピッチに戻ってきた。

まだコンディションは100%ではないが、日本戦では強行スタメン出場もあり得ると伝えられている。

モナコでプレーしているセンターバックの彼は、強烈なフィジカルと空中戦の能力を魅力とする選手であり、セットプレーからの得点力も備えている。

持ち前の闘争心を生かした彼のハードなディフェンスに、大迫勇也のポストプレーがどれだけ生きるか。注目したい。