『HLN』は2日、日本との試合を終えたベルギー代表FWエデン・アザールのコメントを掲載した。

ベスト16で迎えた日本との試合で、ベルギーは後半開始直後に2点を奪われることに。しかしその後ペースを取り戻し、3点を決めて逆転。3-2で勝利を収めた。

FIFA公式のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたエデン・アザールは以下のように話し、このような試合が必要だったと話したという。

エデン・アザール

「我々は試合を変えられる選手を備えている。ベンチに座っていた男たちが、違いを作ってくれたね。

後半のスタートはひどかった。我々は2回の避けられるゴールを許してしまった。守備のミスによってね。

ただ、そこからの反応が良かった。

おそらく、我々はこのような試合を必要としていたんだよ。未来のために。

ブラジル相手にいいプレーをするためにね。そして、これからいい休息を取らなければならないよ」