もう名声は確固たるものだ

リオネル・メッシ アルゼンチン

アルフレド・ディ・ステファノは、あの世代で最も偉大な選手であったが、負傷などでワールドカップに出場したことはない。

しかし彼はそれでも偉大な存在として伝説になっている。代表チームの失敗は、あくまで組織としてのもの。個人の偉大さを損なうものではない。

メッシは、アルゼンチンに彼のチームを持っていなかったし、これからも持てないだろう。帰国して失敗を重ねることはもういい。それを受け入れて、前に進むべきだ。