ワールドカップ準々決勝で大会を去ることになったブラジル代表FWネイマール。

日曜日に行われる決勝戦に向けて、Instagramにメッセージを綴った。

ファイナルを戦うフランス代表には現チームメイトのキリアン・エンバペ、そしてクロアチア代表には元チームメイトのイヴァン・ラキティッチがいる。

ネイマールが「アミーゴたちへ」として綴ったメッセージをざっとまとめるとこんな感じ。

ネイマール

「我が友、エンバペとラキティッチへ。

ここに辿り着くまでに君たちがどれほどの苦労したか分かっているよ。今は楽しんでくれ、それだけの価値がある」

「君たち2人のことがとても嬉しい。フランスとクロアチアのファンたちがその功績に大喜びしていたリアクションを見て興奮したよ」

「ピッチ上で君らどちらかと自分がやりたかった…それは否定しないよ。でも今大会はそうならなかった。カタールまでお預けだ」

「我が『Golden Boy(エンバペ)』とバルサ時代のパートナー(ラキティッチ)を観客と共に見る。

日曜日は大いに楽しんでほしい。これが大会であり、結果にかかわらず君らはすでにチャンピオンだと言うことを忘れずに」

「君らを友人として持つことができてとても誇らしい。サッカー界もこのグランドフィナーレを誇りに思うべきだ。グッドラック!」