クリスティアーノ・ロナウドが昨季のチャンピオンズリーグで決めたオーバーヘッドキックでのゴールは大きな話題を呼んだ。

準々決勝のファーストレグでユヴェントスと戦ったレアル・マドリーは、このゴールで追加点をゲット。準決勝に進出し、その後三連覇を達成している。

このスーパーゴールにユヴェントスのサポーターもスタンディングオベーションをしていたが、なんとこれがロナウドの移籍に影響を与えていたというのだ。

クリスティアーノ・ロナウド

「周囲の人達はいろいろなことを言う。でも僕が思うに結局は小さなことが大きな違いを生むんだ。

そう考えると、あの喝采は移籍を決める手助けになった。マドリーのためのゴールだったけどね。

あれはもう過去のことだ。キャリア最高のゴールだったと思う。ユーヴェサポーターも拍手しているのを見たときは『ワオ』って感じだったよ」