(ヴィエラ監督はどう?)

「彼が僕の決断を80%変えてくれたね。

マルセイユからはオファーがあったし、ルディ・ガルシア監督ともいい関係を持っている」

(マルセイユは近隣地域のライバルだ。サポーターは怒っていた)

「僕は自分のキャリアを気にしている。正直に言えば、サポーターの主張を心配することは出来ないんだ。

彼らが悲しいと感じたことは残念だが、これが自分の仕事の一部だ。

僕が言えるのは、ニースにいるときにはこのクラブにすべてを捧げるが、いつか自分は去っていくということだ。これが当然のことなんだ。

サポーターの考え方はわかるが、僕のことも理解するべきだよ。

ニースは今季ヨーロッパでプレーしない。マルセイユはそうじゃない。それが選択肢として考えた理由の一つだ。

中国からも非常に大きなオファーが来ていた。ただ、僕はサッカーをするのが好きだし、ヨーロッパの大会に出たい。これは中国に行ったら難しいことだ。

サッカーが好きだ。大好きだ。だからお金はその次だ。サポーターには感謝をしたい。僕は今季君たちを幸せにするし、ベストを尽くすよ。ニースのサポーターは、いつもこのクラブを応援して欲しい」