『L'Equipe』は30日、「イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、月曜日の朝からニースの練習に戻っている」と報じた。

昨季限りでフランス・リーグアンのニースを退団すると明言し、イタリア・セリエAへの復帰が噂されたバロテッリ。

しかし、その後契約の問題が明らかになった。

ニースと彼との契約はまだ残っており、代理人のミーノ・ライオラは退団を主張していたものの、クラブ側は認めていなかった。

バロテッリは結局クラブの練習がスタートしても合流せず、パトリック・ヴィエラ新監督も「彼のことはわからない」と発言し、微妙な雰囲気に。

その中でバロテッリはセリエAでの移籍先を見つけられず、後にマルセイユと噂になったが、まだ具体的な進展が見られない状況だ。

そしてバロテッリは30日、ついにパトリック・ヴィエラ氏の練習に復帰したことが確認された。

ニースは今夏FWのアラサヌ・プレアをボルシアMGに放出しているため、実績あるストライカーがミカエル・ル・ビアンくらいしかいない。もしバロテッリがこのタイミングで退団することになればかなりの打撃になる。