リーズから井手口陽介をローンで獲得したドイツ2部グロイター・フュルト。リーグは3節を消化し、ここまで1勝2分とまずまずの滑り出しとなった。

今季のユニフォームは7月にホーム、アウェイ、サードの各キットをリリース。キットサプライヤーは2013-14シーズンからHummelが担当している。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Greuther Fürth 2018-19 Hummel Home

グロイター・フュルト 2018-19 Hummel ユニフォーム

ホームキットは基本的にはグリーンとホワイトのストライプが多いが、シーズンによってはそれに当てはまらないデザインも存在する。エンブレムのシャムロック(三つ葉のクローバー)は1905年から使用しているが、これはフュルト市の紋章に描かれている。

グロイター・フュルト 2018-19 Hummel ユニフォーム

チーム名は肩部分にアーチ形でプリントする。SPVGGは“Spielvereinigung(スポーツ連合)”の略称。元はスポーツクラブの一部門として誕生したチームは、1906年にフットボールクラブとして独立している。

グロイター・フュルト 2018-19 Hummel ユニフォーム

右袖にはリーグパッチ、左袖にはスポンサーロゴ「BVUK」をそれぞれプリントする。

グロイター・フュルト 2018-19 Hummel ユニフォーム

21日に行われたDFBポカール(ドイツ杯)1回戦でドルトムントと対戦し、1-2で敗れた。左袖には大会スポンサー「VOLKSWAGEN」のロゴを掲出。19番はシュトゥットガルト時代にリーグ優勝に貢献したローベルト・ヒルバート。

パンツとソックスはともにホワイトを基調とし、グリーンの差し色で彩るスタイル。