『FourFourTwo』は9日、「ドイツ代表DFアントニオ・リューディガーは、対戦したキリアン・エンバペについて話した」と報じた。

UEFAネイションズリーグでフランス代表と対戦したリューディガー。無失点で抑えることに成功したが、かなりそのスピードには驚かされたようだ。

しかしチェルシーで活躍している彼は以下のように話し、メッシと比肩するのはエデン・アザールだけだと語ったという。ロナウドは…?

アントニオ・リューディガー

「エンバペは信じられないほど速く、本当にいい選手だ。彼を止めるためには、チームとして戦う必要がある。なぜなら一人だと…幸運を祈るしかないよ!

ただ自分にとっては、世界最高の選手はリオネル・メッシであり、次がエデン・アザールさ。

正直に言えば、我々がこんなにうまくやれていることに驚いているんだ。

なぜなら、エンゴロ・カンテやエデン・アザールといった選手たちは、あの大きなワールドカップを戦って、かなり遅く練習に戻ってきたのだからね。

彼らはいい調子だよ。とても見事だ」