今季、レアル・マドリーを離れてユヴェントスに移籍したクリスティアーノ・ロナウド。

セリエA第4節サッスオーロ戦で2ゴールを叩き出し、ようやく移籍後初得点をマークした。

『Sky Sport Italia』によれば、2-1で勝利した試合後にこう語ったという。

クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントスFW)

「とても嬉しいよ。

サッスオーロは守備がよかったね。でも僕らは強いパフォーマンスを見せたし、勝利にふさわしかった」

「ここでの初ゴールを本当に決めたかった。ネットを揺らすことができて嬉しいよ」

「これがフットボールさ。重要なのはチームが勝ったことだ。

当然だけどレアル・マドリーから移籍してからゴールがないことについての話題には少し神経質になっていたよ。

期待は大きかったけど、チームメイトたちの行き届いたサポートに感謝している。

自分がよく取り組めていたことは分かっていたし、(ゴールを決めるのは)単に時間の問題だった。

僕はイタリアのフットボールにうまく適応しているよ」

「チャンピオンズリーグは大好きな大会だ。

非常に難しいグループだけど、自分たちがうまくやれることは分かっているし、ユーヴェはベストを尽くすことに注力しなければいけない」

ユヴェントスはミッドウィークに開幕するCLでバレンシアと対戦する。ロナウドにとってスペイン凱旋となる一戦は注目を集めそうだ。