森保一監督が率いる日本代表は、今月の代表戦でパナマ、そしてウルグアイと対戦する。

南米強豪ウルグアイは今回もガチのメンバーで来日する予定だ。

特にルイス・スアレス&エディンソン・カバーニは世界最強ともいえる2トップ。超難敵といえるが、2人相手にやれるかもしれない日本人CBを考えてみた。

野上 結貴(サンフレッチェ広島)

野上 結貴

先週末ガンバ大阪に敗れてJ1首位から陥落した広島だが、今季の躍進を支える27歳DFの輝きが色褪せるわけではない。

桐蔭横浜大時代にFWからDFへ転向した野上は、大学を中退して2013年に横浜FC入りしプロの世界へ。3シーズン半J2で主力として活躍すると、2016年途中に森保監督が指揮をとる広島へ加入した。

広島は当時、塩谷、千葉、水本が不動の3バックを形成しており、野上に与えられたポジションは主にボランチ。しかし今季は4バックを採用する城福監督のもとで千葉との争いを制し、センターバックとして急激に評価を高めている。

J1屈指の対人能力を誇り、クレバーな対応も光る。これまで代表経験はないが、彼がカバーニやスアレスと対峙したらどんなプレーを見せるだろうか。