6日に行われたイングランド・プレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッド対ニューカッスル・ユナイテッド。

試合開始からわずか7分、縦に早い攻めから裏に抜け出したケネジがゴールを決め、ニューカッスルが先制点を奪取。

そして、サロモン・ロンドンの怪我とホセルの不調で先発出場のチャンスを手にした武藤嘉紀も結果を残す。前半10分、右サイドからのクロスを受けると、自ら切り返しでコースをこじ開けてシュート!(動画59秒から~)

鋭いボールがダビド・デ・ヘアの脇を抜けてネットを揺らし、ニューカッスルが前半のうちに2-0とリードを奪うこととなった。

武藤嘉紀武藤嘉紀
武藤嘉紀
武藤嘉紀

プレミアリーグでは初めての先発出場で、出場時間もこの試合まで180分弱しかなかった武藤嘉紀。巡ってきた大きなチャンスを生かした形となった。

しかし、ニューカッスルは70分にフアン・マタのフリーキックで失点し、さらに77分にはアントニ・マルシャルのシュートで追いつかれてしまう。

さらに90分にはアレクシス・サンチェスのヘディングで逆転を許してしまい、最終的には3-2で勝点の獲得を逃している。なお、武藤嘉紀は78分にクリスティアン・アツとの交代でベンチに下がっていた。