16日、埼玉スタジアムで日本代表と対戦するウルグアイ代表。

チームの顔でもあるルイス・スアレスこそ来日メンバーから外れているものの、ロシアW杯メンバー16人を含む強力なメンバーが来日。

FIFAランキング5位の強豪との対戦はチケットも完売となり満員が予想され、将来を占うチャレンジの場としてこれ以上ない舞台が整った。

今回は、ウルグアイ代表から注目の選手たちを紹介しよう。

FW 背番号21 エディンソン・カバーニ

エディンソン・カバーニ

スアレスが不在ということもあり、日本代表にとっては最もマークしなければいけない存在。

豪快なボレーだけでなく技ありのシュートも得意と、どんな流れからでもどんな体勢からでもゴールに結びつける身体能力はまさに世界のトップレベル。オールラウンダータイプの究極と言えるだろう。

パリ・サンジェルマンではネイマールがCLのツルヴェナ・ズヴェズダ戦でハットトリックを達成。エムバペもリヨン戦で4ゴールを叩き出すなど、最近は彼らの勢いに押されがちな感もあるが、パリで誰よりもゴールを決めているのはカバーニなのである。

吉田、槙野、冨安といった日本代表のセンターバック陣とどんなバトルが繰り広げられるのかが楽しみだ。