リーガ第5節、バルセロナはホームでのジローナ戦に2-2で引き分けた。

ジローナの2得点を叩き出したのは、ウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニだった。

31歳のストライカーは今季5試合で5ゴールと爆発中。Optaによれば、「リーガにおいて同じ年にレアル・マドリーとバルセロナから1試合2ゴールを奪った21世紀初の選手になった」とのこと。

ストゥアーニは今年3月にサンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル戦でも2ゴールを叩き出している(チームは6-3で敗戦)。

この記録はなかなかスゴイかもしれない。ジローナの会長も「ストゥアーニは驚異的な選手だ」と讃えていた。

彼は来月に日本代表と戦うウルグアイ代表の招集メンバーにも入っている。カバーニ&スアレスじゃないこの男にも注目したいところだ。