『Sportskeeda』は22日、「アーセン・ヴェンゲル監督がレアル・マドリーにふさわしい5つの理由」という記事を掲載した。

今季フレン・ロペテギ氏を監督に迎えたものの、クリスティアーノ・ロナウドを放出したこともあって不調に陥っているレアル・マドリー。数日中に指揮官が解任される可能性もあるという。

後任として突如浮上したのが、昨季までアーセナルを率いていたアーセン・ヴェンゲル氏。彼がレアル・マドリーにふさわしい理由とは?

5:彼は再び最高レベルで自分を試したい

しかし、最後の10年間では事態が悪化した。それはスタジアム新設での財政的な制限によって厳しい立場に立たされ、育てた選手をすぐに売却し、利益を得なければならなかった。そしてヴェンゲルはそれを言い訳にできた。

その結果アーセナルは以前の高みから転落し、2014年までの8年間で完全にタイトルから遠ざかってしまっていた。

アーセン・ヴェンゲル レアル・マドリー

ヴェンゲルは現在マネージャーの仕事に戻りたいと話している。そして、上層部の事情に左右されない環境を欲しがっているのは間違いない。

まだヴェンゲルの仕事は終わっていない。サッカーでのビジネスは未完成であり、レアル・マドリーはそのプラットフォームを提供できる。