今から50年前の1968年10月24日、サッカーの日本代表チームはメキシコ五輪の3位決定戦で地元メキシコを撃破し、銅メダルを獲得した。

50年前というと日本がワールドカップに初出場する30年も前のこと。サッカー界にとって“夜明け前”ですらない時代であるが、この大会ではエースの釜本邦茂がメキシコ戦での2点を含む7ゴールを記録して得点王に輝き、男子では現在まで唯一となっているメダルを手にした。

2年後の2020年には東京で二度目の五輪が開催される。そこで今回は、東京五輪において釜本のような活躍が期待される“真正”ストライカー候補たちをご紹介しよう。

小川航基(ジュビロ磐田)

小川航基

1997年8月8日生まれ(21歳) 186cm/78kg

神奈川の名門・桐光学園時代に「高校ナンバー1」と呼ばれたストライカー。

2016年に加入したジュビロ磐田では、クラブの元エースFW前田遼一(現FC東京)が背負っていた「18番」を与えられ、昨年のルヴァンカップで4得点を記録した。

186cmの長身にしては俊敏で技術面にも優れ、相手を背負った際の足元の収まりも優秀だ。タイプとしては現在の大迫勇也(ブレーメン)に近く、1トップでの起用に応えられる逸材だろう。

そんな小川はチームの発足以来、東京五輪のエース候補最有力だった。しかし堂安律(現フローニンゲン)らと出場した昨年のU-20ワールドカップ大会中に左膝前十字靭帯断裂および半月板損傷という重傷を負って以降は思うようなプレーが出来ていない。

今年4月に実戦復帰したもののあまり出場機会を得られておらず、今季は公式戦15試合に出場して未だ無得点となっている。

若い世代の台頭もあり前途はやや厳しいが、前十字靭帯断裂の負傷を負った際に小川はSNSにこう記している。「東京オリンピックで絶対活躍します!!!リハビリ頑張ります!サッカー大好きです。