『Mirror』は24日、「解説者のクレイグ・ベラミー氏は、ロメル・ルカクはターゲットマンに向いていないと話した」と報じた。

マンチェスター・ユナイテッドは23日に行われたユヴェントスとのホームゲームで0-1と敗北。かつて所属していたクリスティアーノ・ロナウドに決勝点を演出され、オールド・トラッフォードに沈んだ。

ユナイテッドのワントップとして出場したルカクは9月15日以来ゴールから遠ざかっており、チャンピオンズリーグではまだゼロとなっている。

なぜ彼はそれほど苦しんでいるのか?かつてウェールズ代表として活躍した悪童FWクレイグ・ベラミー氏は、問題点として「体が大きいから雑でもやれてしまっていたこと」を指摘したという。

クレイグ・ベラミー

「強いチームに対してのルカクの記録は素晴らしいものじゃない。そして、強いチームと戦うときにマンチェスター・ユナイテッドがやるシステムにも合っていない。しばしば孤立することになる。

信じられないかもしれないが、彼のような大きい選手はターゲットマンとしてよろしくない習慣を持っているんだよ。

彼のタッチはひどい。いつもそうだ。体のポジションを正しく置かなければ、ボールは奪われてしまう。

あの身長と体格があるから、彼は悪いタッチをしていてもボールを失わずに済んでいた。彼は速くて、大きくて、強かったからね。誰よりも。

ところが、それならそこまでなんだ。

彼は悪い習慣をまったく直していない。他の選手を引き出すためのターゲットマンとしては、彼の強さは信じるまでには至らないよ」