本日10月28日、いよいよ運命の準々決勝を迎えるAFC U-19選手権。

影山雅永監督率いる日本代表はここまで3連勝。内容的にも相手を圧倒しており、2大会連続のU-20ワールドカップ出場権獲得はもちろん、大会連覇も見えてきた。

ただそうは言っても、ここからは厳しい戦いを強いられることも出てくるはず。

そこで今回は、アジアの中で勝負の明暗を分けるのは「物理的な高さ」と考え、優勝のキーマンとなりそうな“大型”の日本代表選手たちを紹介したい。

原大智(FC東京)

原大智

189cm/76kg

グループ最終節のイラク戦で2ゴールを記録した巨漢ストライカー。

FC東京にはU-15むさしから所属し、2017年の2種登録を経て、今年トップ昇格した。まだトップチームでの出番はないが、J3のU-23チームでは既に8点を決めている。

189cmの長身が武器でヘディングの強さ、高さはぴか一。ただもともとは小柄(高校になって急に伸びたらしい)で裏抜けを得意とするFWだったこともあり、スピードとスペースで受ける能力も高い。本人はポーランド代表のFWロベルト・レヴァンドフスキに憧れているという。

ちなみにフリースタイルスキーモーグル選手と同姓同名の別人で話題となった。実はこちらは名前は「たいち」で読みは一文字違い。

今大会のU-19代表は攻撃陣がタレント揃いだが、彼の存在がチームに一層バリエーションを与えているといっていいだろう。