ベルギー1部のオイペンでプレーする豊川雄太が、今季3点目となるゴールを決めた。

第12節アンデルレヒト戦に先発すると、前半31分に…(動画1分43秒~)。

ルイス・ガルシアのシュートを相手GKが好セーブするも、こぼれに反応した豊川が蹴り込みゴールゲット!これが決勝点となり、オイペンは2-1で勝利。

試合後、DFロッキー・ブシリは「もうすでにホームでアンデルレヒトにもスタンダールにも勝った」と喜びを口にしていたが、どちらの試合でも豊川はゴールを決めている。

なお、アンデルレヒトの森岡亮太はベンチ入りしなかった。