『Gazzetta dello Sport』は7日、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ユヴェントス戦での逆転について話した」と報じた。

UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第4節、ユヴェントスとのアウェイゲームに臨んだマンチェスター・ユナイテッドは、1-2と勝利を収めた。

かつて所属していたクリスティアーノ・ロナウドにゴールを許すも、86分にフアン・マタ、89分にオウンゴールで立て続けに得点し、試合をひっくり返したのだ。

劇的な展開で勝点3を奪うことに成功したモウリーニョは以下のように話し、勝利の決め手について説明した。

ジョゼ・モウリーニョ

「ファンタスティックな試合をした。最高レベルでのプレーをしたよ。いまのところ、これ以上うまくやれることはないだろう。

我々は、自分たちとは違った目標を持っているチーム、こちらよりも高いポテンシャルを持っている相手と戦うためにここに来た。

最終的には、運があった。引き分けのほうが公平な結果だっただろう。

だが、我々は最初からこの運を探していたんだ。

ユヴェントスがここで1ポイント取るか、あるいは0ポイントに終わるか、それによって何かが変わることはなかった。

しかし我々にとっては重要な勝利であった。決勝トーナメント進出に向けてね」

(フアン・マタとマルアヌ・フェライニの投入が流れを変えた?)

「中盤をよりコンパクトにして、前線に自由を与えたかった。マタとフェライニを投入して、クロスボールを利用できるようにね。

フェライニは重要だった。よりダイレクトなアプローチを可能にして、ゴールを決めるチャンスを与えてくれたね」