この夏、ついにレアル・マドリーを退団して古巣リオ・アヴェへと完全移籍したファビオ・コエントラォン。

キャリアをスタートさせたクラブに戻った彼は、サイドバックではなく以前のように前のポジションで起用されているようだ。

ポルトガル1部リーグ第9節ナシオナル戦では中盤の右に配置されると、こんなアシストを決めていたぞ!(動画15秒~)。

センターライン付近から前線にピンポイントのロングパスを供給!フリーではあったが、ここしかないという完璧なボールを通してみせた。

得点を決めたジエゴ・ロピスのトラップも見事だったが、現地では「すごいパス」とアシストが評価されていたぞ。

30歳になったコエントラォン、プレーメイカーとして再ブレイクはなるだろうか。