「アーセナルは間違いなく、僕に最も大きな影響を与えたクラブだよ。夢の中で生きていたね。

どんな子供でも、アーセナルのようなクラブでプレーすることは夢だ。契約した日には涙を流してしまったね。今日のことのように覚えているよ。

2011年だったね。まず家族全員に伝えて、喜びで飛び上がった。自尊心の源だったよ。アーセナルでの最初の試合から最後まで、笑顔を失うことはなかった。チームを離れるときには、スタッフ全員に感謝したかった」

「フランスではリールでリーグ優勝したし、カップ戦も制覇した。

アフリカネーションズカップの優勝カップも獲得できた。まるで英雄になれたように感じたよ」

「素晴らしい王者たちを仲間に持てた。まだ自分のキャリアは続けられると思う。

何も後悔はないよ。全ての時、全てのこと、全てのシュートを楽しもうとしてきた。

これらの日々はいつか突然終わりを迎える。サッカーのない人生は悲しいものになるだろうね」