ACL優勝の鹿島アントラーズが12日に開幕するFIFAクラブワールドカップに出場するため、天皇杯は準決勝と決勝を今週5日と9日に前倒しすることとなった。

アジア王者となった鹿島アントラーズは、ホームに昨年のアジア王者浦和レッズを迎える。もう1試合はベガルタ仙台とモンテディオ山形が約3年ぶりに対決する「みちのくダービー」となった。

J1勢の3チームは最終節から中3日、J2から唯一勝ち残った山形は先月17日の最終節から約20日ぶりの公式戦という、それぞれに難しいスケジュールを戦うことになる。

今回は、4強の各チームから現在好調の選手や今季飛躍を遂げた選手などをピックアップしてみたので紹介したい。

武藤雄樹(浦和レッズ)

武藤雄樹

来季のACL出場権獲得を目標に掲げた今季の浦和レッズだが、リーグ戦を5位で終え、天皇杯に望みを託すこととなった。

直近の公式戦6試合で12ゴールと安定して点が取れる現在の浦和において、得点源として重要な存在となっているのが武藤雄樹だ。

今季のJ1では7ゴールに終わったものの、第26節の横浜F・マリノス戦以降8試合で6ゴールと終盤戦で調子を上げてきたのは心強い限り。最終節のFC東京戦はターンオーバーにより欠場となったことで休養も十分。最高のコンディションで天皇杯に臨むことができるだろう。

最近はゴールを決めるたびに「がってん寿司」のポーズも見せてくれる武藤。天皇杯でも浦和サポーターに寿司をもたらすことができるのだろうか?