十二月某日。

関東一部リーグ、東京ユナイテッドFCで共に戦った二人を招き、特別対談を開催させて頂いた。

その二人とは、今季終了後に現役引退を表明し、既にサッカー解説者などでも活躍中の岩政大樹。そして、Qolyでもすっかりお馴染みの「さすらいのフットボーラー」こと能登正人だ。

「二人でここまで深く話したことはなかった」と語るほど盛り上がった対談はあっという間に数時間が経過。これからその模様を数編に分けてお届けするので、是非ファンならずともお楽しみ頂きたい。

含蓄のある話ばかりが飛び出した熱いトークには、サッカー好きはもちろんのこと、サッカーをしている子供を抱える親、現役のサッカープレーヤー。そして、サッカーとは無縁の方の胸にも突き刺さる魅力が詰まっている。

インタビュー・文:編集部T

写真協力:東京ユナイテッドFC(公式HP

【その他の関連記事】岩政×能登の年末特別対談で“あの話”も初めて語られる…?


Qoly(以下、太文字━━)
最後にQolyユーザーの皆様から質問が届いているので、可能な限り、お答え頂ければと思います。

能登
まだ大事なやつが残ってた(笑)

━━はい(笑)まず一つ目の質問です。子供の頃の話も出ましたが、子供の頃に憧れていた選手はいらっしゃいましたか?

能登
僕はジネディーヌ・ジダン(改めて説明するまでもない伝説的なプレーヤー。監督としては昨季レアル・マドリーでCL三連覇の偉業を達成した)ですね。

岩政
おー、ジダンか。

能登
ジダンって「なんかキレイだな」って思える選手だったんですよね。何でこの人キレイなんだろうと研究していました(笑)

能登「子供の頃はジダンの優雅さを研究していました(笑)」

岩政
たしかに、優雅な選手だったよね。今の選手を見てもあの優雅さを持っている選手はなかなかいない。

能登
後、僕と似ていて足が細い(笑)