日本では亥年となる2019年。亥年といえば、目標に向かって突っ走る姿を猪に例えた「猪突猛進」という四字熟語ではないだろうか。

そこで今回は、ゴールに向かって突っ走る選手やスピード自慢の選手など「猪突猛進」という言葉に相応しい5人を、20「19年」に合わせて「19番」の選手からピックアップしてみたので紹介したい。

ジャーメイン良(ベガルタ仙台)

ジャーメイン良

恵まれた身体能力を生かしたパワーとスピードを武器に、昨シーズン公式戦トータル8ゴールを決めて頭角を現したスター候補。1995年生まれの年男としても奮起に期待したい存在だ。

流通経済大柏高では高円宮杯U-18チャンピオンシップ優勝、流通経済大でも大学選手権優勝と、高校・大学ともにタイトルを獲得してベガルタ仙台へ。加入内定直後の2017年シーズンに特別指定選手として公式戦デビューを果たすという逸材としても注目された。

昨シーズンのJ1リーグでは17試合3ゴールという結果を残したが、「ゴールを決めた3試合いずれもチームが敗れている」というデータも。今年こそは彼のゴールがチームに勝利をもたらしてくれることだろう。