バイエルン・ミュンヘンは元フランス代表MFフランク・リベリに罰金を科したと発表した。

その理由は、SNS上での言葉づかいだとされている。

ハサン・サリハミジッチ(バイエルン スポーツディレクター)

「バイエルン・ミュンヘンとして容認できない言葉を使った。

フランク(・リベリ)がお手本として、そしてバイエルンの選手として決して使ってはならないものだ。

昨日、彼と長時間話して、重い罰金を科せられるだろうと伝えた。彼はこの処分を受け入れた」

先日、リベリは「塩ふりおじさん」ことニュルセット・ギョクチェさんのレストランで金箔ステーキを注文。その値段があまりに高額だとして一部から批判を受けた後、SNS上で猛反撃していた

サリハミジッチによれば、リベリの反応は家族を守るためだったとのこと。ただ、それでもクラブとして容認できないものだと判断したようだ。