ハワイを舞台に行われる、プロサッカーの国際大会、「Pacific Rim Cup(パシフィックリムカップ)」。

サッカーファン、さらにスポーツファン的視点でも興味深いこの大会に、Qolyが着目!主催者であるBlue United Corporationに寄稿していただく形で大会に関する定期コラムを掲載中だ。

第3回は、今大会に出場するMLSの2チームを紹介!(前回コラムはこちら

「バンクーバーの雄」が2年連続出場

弊社Blue United Corporationが2019年2月8日(金)、10日(日)、ハワイ州アロハスタジアムにて開催する、環太平洋地域のプロサッカーチームが対峙する国際大会「Pacific Rim Cup」、本稿では今回の第2回大会に出場するメジャーリーグサッカー(MLS)所属の2チームをご紹介します。

まずはバンクーバー・ホワイトキャップスFC(Vancouver Whitecaps FC)。

前回大会「Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour」にも出場し、決勝戦で北海道コンサドーレ札幌と激闘を繰り広げた強豪チームとして、今回2大会連続での出場となります。

Pacific Rim Cup 2019 Powered by Under Armour

バンクーバー・ホワイトキャップスFCは1974年に創設された、カナダにおいて最も歴史のある、また最も多くの勲章を持つサッカークラブです。

クラブの核となる考え方である、サッカーを通じて若い世代に良きインパクトを与え、かつ健康的なライフスタイルを実践することに基づき、様々なプログラムを通じてそのコミュニティへ貢献することを目指しています。

2011年より国を跨ぎMLSに参加しているほか、2015年には国内大会のカナディアン・チャンピオンシップで優勝。2018年にも準優勝を果たしました。

Pacific Rim Cup 2019 Powered by Under Armour

過去には元日本代表の平野孝選手や現在もアメリカでプレーをする小林大悟選手が所属。また育成にも定評があり、最近ドイツブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに当クラブのアカデミーよりアルフォンソ・デイヴィス選手が移籍したばかりです。