何度も引退を撤回した後、昨年末についにスパイクを脱いだ元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ。

『Sky』のインタビューで様々なことについて語った。そのなかではこんな話も。

アントニオ・カッサーノ

「俺はいくつかの世界最強チームでプレーした。ハッピーやラッキーじゃなかったとは言えないね。

もし大失敗をやらかしたとしても、どこかで再チャンスを貰えるということも分かっていた。

少し前にトッティが言っていたように、俺は自分のキャパシティの50パーセントしか出さなかった。

時にまったく無能だったし、練習も大嫌いだった。

もし俺が15年の間にやるべきだったことをやっていれば、メッシのようになっていただろうね」