2018年の明治安田生命J1リーグを11位で終えたベガルタ仙台。

昨季は開幕5試合を3勝2分と出だしは好調。上位争いに参戦かと期待されたが、シーズンが進むにつれ黒星が目立ち始める。夏にFW西村拓真がCSKAモスクワに移籍したのは痛手だったが、それでも前年の12位を上回る成績でJ1残留に成功した。また、天皇杯はクラブ史上初の決勝進出を果たしたが、浦和レッズに敗れてタイトルを逃した。

その仙台が12日、2019シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。今年はクラブ創設から25周年という節目を迎えることもあり、それを記念したデザインとなっている。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Vegalta Sendai 2019 adidas Home

J1 ベガルタ仙台 2019 adidas ユニフォーム

クラブ創設25周年を記念した今季のホームキットは、伝統のベガルタゴールドを基調に、斜めストライプで“流れ星”をイメージしたデザイン。「地域のシンボルとして親しまれ、誇りとなり、輝きを放ち続け、さらに進化する」という願いが込められている。

J1 ベガルタ仙台 2019 adidas ユニフォーム

各部のスポンサーは画像を見る限りでは、胸が「IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)」、背中上が「やまや」、左袖が「七十七銀行」、パンツが「KADAN(花壇自動車大学校)」となっている。