アジアカップで準決勝に進出した日本代表だが、ここまで楽だった試合は全くといっていいほどない。

グループステージ第3節のウズベキスタン戦でも先制を許すなど苦しんだ。

そのウズベキスタンの守護神イグナティー・ネステロフは今大会敗退後に代表引退を表明。彼はアジアカップ5大会に出場してきた35歳のベテランGKだ。

そのネステロフの海外移籍が決定的となった。サウジアラビアのオホドが彼の到着を伝えたのだ。

これまでは国内クラブを渡り歩いてきたが、35歳にして初の海外移籍を決めたようだ。

現在、オホドはサウジ1部リーグで最下位。チームには元Jリーガーのアポジも所属している。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら