ハンブルガーSVは7日、「FWヤン=フィーテ・アルプがバイエルン・ミュンヘンに移籍することが内定した」と公式発表した。

ヤン=フィーテ・アルプは2000年生まれの19歳。ハンブルガーSVの下部組織で育成されたアタッカーで、2017年にトップチームでデビューした。

ドイツの年代別代表チームでは得点源として活躍を続けており、U-19代表では19試合18ゴールと別格のプレーを見せてきた。

『Bild』によれば、移籍金はおよそ250万ユーロ(およそ3.2億円)。

移籍時期についてはまだ未定で、アルプが早期に加入を求めれば2019年夏、あと1年ハンブルガーSVに残りたければ2020年夏という可変的なものになっている。