先週末に行われたボーンマス戦で3-0と勝利を収め、3試合ぶりの3ポイントを獲得することに成功したリヴァプール。

マンチェスター・シティの激しい追い上げを受け、ミッドウィークには暫定的に首位を明け渡すことにもなったが、これで再び突き放すことに成功した。

クロップ監督は試合後以下のように話し、ゴールを決めた攻撃陣のパフォーマンスを称賛したとのこと。

ユルゲン・クロップ

「サラーは記録もパフォーマンスも素晴らしい。今日も際立っていた…。

彼の3点目だが、あんなヒールでのラストパスはフィルミーノにしか出来ない。大抵は自分で打ってブロックされるが…」