(評論家として厳しく現場を批判してきたが?)

「私はとても批判的な男だった。自分を開けっぴろげにしてきた。

正直に言えば、多くの批評家が私の指揮を見守ることはないだろうが、負けていればたくさんの批判が出てくると確信している。しかし、彼らは彼らの望むことを言える。

私は、なぜ選手や監督が批評家のコメントに気づくのか理解できなかった。気にしなければ目に入らない。私が気にするのはオーナーだけだ」

(モウリーニョも見るのでは?)

「結果は見るだろうね(笑)。観戦するかどうかはわからない」

(子供の頃にファンだったクラブの監督になるわけだが…)

「家族や仲間、いとこもここに来るだろう。招待したい人たちはたくさんいる。負けたときはいくつかの番号をブロックしなければならないだろうけどね。

自分がオールダムのファンであることがいい方に出るか、悪い方に出るか。ともかく、それを決めるのは結果だ」

オールダムは現在フットボールリーグ・ツー(イングランド4部)で24チーム中14位と苦戦中。スコールズの指揮によってどのような結果が出るだろうか。