いよいよ明治安田生命J1リーグの2019シーズンが明日2月22日に開幕する。

そこで、今シーズンもQolyの各編集部員によるJ1全順位の予想をお届け。今年もシーズン終了後にはきっちり反省文を提出する予定だ(昨季の反省文はこちら)。

【関連記事】2018シーズン、Qoly編集部の予想を見事に裏切ったJ1の4クラブ

さっそく、2019シーズンの予想はこちら!

2019 明治安田生命J1リーグ

編集部K

毎回外れることはわかっているが、プレシーズンの結果や内容よりも、例年通り「ストライカーがどれだけ計算できるか」で順位を策定している。そのせいで下位が昇格組ばかりになってしまった…。

ということで昨年は川崎をそれほど評価しなかったが、今季は優勝に予想せざるを得ないほどの充実だ。その下にはファン・ウィジョのガンバ大阪、ジョーの名古屋グランパスで流している。

全く未知数なのが神戸。一体どのように転ぶのか…。

編集部I

昨季最大のサプライズとなった札幌の大躍進を考えれば、今年も何が起きてもおかしくない。

それでも、実力者レアンドロ・ダミアンを補強した川崎の盤石ぶりは揺るがないだろう。彼らと鹿島あたりが優勝争いを展開するはず。

そして、昨季YBCルヴァンカップ優勝を成し遂げた湘南は、武富孝介らを加えただけに躍進を期待したい。地元が近かったので、個人的な願望も込みだけど!

編集部O

優勝は川崎。本気でACLを獲りに行くシーズンとなるが、リーグでもあの夏場以降の強さを他チームが崩すことは容易ではなく、3連覇は可能と判断した。

下位は鳥栖の苦戦を予想。スペイン人指揮官のもとで上位や残留を目指すのであればもっと中盤の補強が欲しかった。

そのほかではセレッソ大阪に注目。ロティーナ監督と言葉の通じるソウザ&デサバトは楽しみなボランチコンビ。都倉賢の加入でチームの雰囲気にも変化が見込める。