『Mirror』は20日、「チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、エンゴロ・カンテをアンカーで使うことはできないと話した」と報じた。

このところ大きく調子を落としており、FAカップのマンチェスター・ユナイテッド戦も0-2で敗北してしまったチェルシー。

今季のスタートは非常に調子が良かったものの、それから1ボランチのジョルジーニョを抑えるという対策法が確立されてしまったことで戦術が機能しなくなった。

【関連記事】チェルシー、セスクの後釜に獲得すべき5名のセントラルMF

ファンからは「1列前で起用しているエンゴロ・カンテとジョルジーニョをボランチで並べては?」という声があり、サッリの頑なな戦術面に問題があるという指摘も。

しかしそれについて聞かれたサッリ監督は以下のように話し、ボランチはボールを早く動かせなければならないと反論したという。

マウリツィオ・サッリ

「それについては、あなたがサッカーをどのように見ているかによるものだ。

あのポジションでは、もっとボールを早く動かせる選手をプレーさせたい。

それはエンゴロ・カンテの最も得意とするものではない。彼は我々にとって有益な選手だが、それは彼の特性ではない」