2018-19シーズンでNikeとのサプライヤー契約が20周年を迎えたインテル。それを記念してクラブとNikeは26日、20周年記念のマッシュアップ・ジャージを発表した。

Nikeの20周年記念マッシュアップといえば、昨年11月にバルセロナのキットがリリースされて話題になったことは記憶に新しい。

なお、このユニフォームは3月17日に行われるミラノダービーで実際に選手が着用するという。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Nike × Inter 20th Anniversary Mash-Up kit

インテル Nike 20周年記念 マッシュアップ・ジャージ

20周年を記念したマッシュアップ・ジャージは、Nikeインテルの20年間の歴史が凝縮されたデザイン。過去20年間のホームキットから10着を選び、前面・背面にそれぞれ5着ずつ落とし込んでいる。

インテル Nike 20周年記念 マッシュアップ・ジャージ

選ばれた10着は以下の通り。

前面:1998-99(記念すべきNikeファーストモデル)、2008-09(クラブ創設100周年記念モデル)、2010-11(「イル・ビッショーネ(大蛇)」デザイン)、2013-14(偉大なキャプテン、ハビエル・サネッティの現役ラストシーズン)、2017-18(7シーズンぶりにCL出場権を獲得)。

背面:2009-10(3冠を達成した偉大なシーズン)、2011-12(クラシックな細めのストライプ柄が人気)、2014-15(史上初のスタイリッシュなピンストライプ柄)、2015-16(90-91UEFAカップ優勝25周年記念)、2016-17(ファンに人気の暗めのストライプデザイン)。